高知大学概要2020

高知大学概要2020

スペインの建築家アントニ・ガウディは「芸術におけるすべての回答は、偉大なる自然の中にある」と述べています。今回の表紙デザインは、造化の美をラナンキュラスと桜をモチーフにして表現しています。高知大学の学生が大地に根を張り、花を咲かせることを願って制作しました。
昨今では、「デザイン」という言葉の意味が広義に解釈されるようになりました。装飾や意匠という意味からコミュニケーションという意味へ拡張しています。しかし、美しさやビジュアル表現の在り方を追求した先にものやことの可視化があると思います。偉大な先人がデザインという土壌を耕し、潜在する価値を引き出す不断の努力こそ、今日の「デザイン」に内包していることを知らなければならないと思います。

表紙
裏面


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です