デザインゼミの卒業制作が高知市のギャラリーファウストで開催され、本日無事に終了しました。これで高知大学芸文コースは一旦一区切りになります。何度も書いてきましたが、その理念は後輩へ受け継がれているように思います。わたしも意地になってやってきました。ほぼ執念ですね。

今年のデザインゼミは、レザークラフト、写真を用いたインスタレーションにより各々の個性が良く表現された展示となりました。地域協働の学生も最後はしっかりと作品と向き合っていたと思います。学生の卒展を見ていると抜群のセンスを感じる瞬間があります。無限に成長する学生の可能性は崇高です。卒論と卒制はどちらもとても大切なものです。

感想ノートには多くの激励のメッセージが綴られていました。本展にお越しいただいた多くの皆様に感謝申し上げます。続けて行くことの大切さを感じました。