本日、2018年1月28日をもって高知大学卒業制作展(高知県立美術館)が終了しました。会期中、延べ817名の方々にご来場頂きましたことに感謝申し上げます。
高知大学芸術文化コースは多種多様な美術分野を網羅できる豊富なカリキュラム(西洋画、日本画、彫刻、デザイン、美術理論、木工、版画、陶芸、写真、書道、篆刻、工芸理論…etc)となっています。本展をもって芸術文化コースは幕を閉じます。これだけの領域を網羅的に学べる大学は地方には希少です。地方にも美術・デザインが専門的に学べる国立大学があればと願う受験生は多くいます。思うところは多くあり過ぎてここでは言及できませんが、今回の卒業制作展のテーマ「Re.」が我々の命脈だと思っています。

卒展会場風景2

卒展会場風景1