地域協働学部と教育学部を兼務して3年が過ぎようとしています。この2学部の兼務は想像以上にハードで、教育の難しさを感じました。これまでに培われてきた盤石のカリキュラムがある芸文コースと、出来たばかりの学部が同じであるはずはなく、全く異なる土壌でのまさにゼロからのスタートでした。足りない部分も多々ありましたが、そこは課外活動で補足し、自分のもっているノウハウを伝えることを懸命にやってきました。そして、それに最大限応えてくれた学生を讃えたいと思います。わたしはどちらかというと暑苦しい教員だと思います、それが時に学生の負担になることもあったかもしれません。激励を飛ばし続けた1年、大学における地域協働とは何かを考え続けた1年、このSAILING展はひとまず2017年度の成果を総括し、発表するものです。多くの方にご高覧いただけますと幸甚に存じます。
会場:高知大学総合研究棟1Fディスプレイホール
会期:2018年1月25日ー2月20日
協力:NPO法人黒潮実感センター

image003

 

 

 

 

image004

 

 

 

 

image002